<   2005年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ソウル旅行 2日目~朝から夕方までの行動~

第2日目
この日はは朝からロッテワールド免税店へ。
この中にはヨンヨン公式グッズのお店が入ってまして、
友達のリクエストで行ってきました。
といいつつ自分もかなりワクワクでしたが。
行くと、ヨンジュンシはロッテキャラクターなので、
あちらこちらに彼がいてるのですよ。
(等身大?パネルやら垂れ幕やら)
やっぱりここはしっかりカメラにおさめました。
ショップはやっぱりお高かったです。
飾り皿やキーホルダやらカレンダーやらありましたが
わたしの目にとまったのはクリアホルダ~。
さんざん迷ったすえに、クリアホルダ~4枚買いました。
そんなわたしの隣では、おばさま方がさっさといろいろとご購入~。
うらやますぎます。
財力のない私はばったもんでも、十分満足ですが…

その次は隣接のロッテマート(大きなスーパー)で
韓国お菓子や海苔を購入♪
「きのこの山だろう、これって」と
突っ込みたくなるようなコピー菓子やアミノアップなる、
どう考えてもアミノサプリと間違うペットボトルがありました。
(現に、わたしは間違って買いましたし)

その後はわたしの念願のホテリアロケ地のシェラトンへ。
サファイアヴィラやアストンハウスに行きたくって、
(もちろん写真だけです)
ホテルマンに「どこにあるんですか?」と聞くと、
「ツアーがありますよ」と教えてくれて、
そのツアーパンフをくれました。
ホテリアーのすべてのロケ場所をまわれるように
組んであります。
でももちろん宿泊客専用無料ツアーだったらしく
勝手にもう参加できるもんだとばかり思っていたわたしたちに
彼は「じゃツアーの予約ですね。ルームナンバーは?」
といわれ、愕然。。。。。
「宿泊客じゃないんですけど、お金払うから
参加させてもらえますか?」
って聞くと、彼はとても困った顔をして、
フロントの先輩男性の顔を見ました。
するとその先輩フロントマンは「だめです。」と冷徹な一言を。。。。
「え~だめなの?そんなぁ(なんとかしてよ)」みたいに訴えると
またまた「彼はだめです。」って何度も言ってくるじゃないですかぁ。

で渋々その時間に空いているのは
バーのスターダストだけだったので、
そこでティータイムとすることにしました。
そこからきれいに漢江が見えて、
きれいな眺めがひとりじめでした。

それにしろ、いくらなんでも「だめです」はないだろう。
ホテルマンだから、すみません。をつけるとか、申し訳ないのですが。。。とか
言ってくれ~。
シェラトンならもっと上手な日本語を使えるホテルマンをやとってほしい。
あれじゃぁ、だめだろ~。
以前もシェラトンのフロントではあまりいい対応をしてくれなかったなぁ。
前回もここに飲食で訪れたとき、フロントの人に英語で尋ねると
(ただ、場所をたずねただけです。)
「はあ?」って日本語でかえされたっけ。
アメリカでも普通につうじたのに、なんで「はあ?」なんだって、
ちょっとカチンときた記憶がよみがえってくる。
それでも笑顔なら、全然OKなのだけど、たしか今回も前回も
仏頂面だったなぁ。
でも最初に話しかけた後輩ホテルマンのほうは、
かなり印象がよかったです☆
笑顔がよかった!

言葉がつうじなくっても、
言葉足らずでも、
笑顔は大事なんだぁ~。
そう再確認した出来事でした。


b0054087_23365827.jpg

バー スターダストからの眺め。
あぁ。向こうは江南。
あのどこかにいるのかなぁ。。。。
[PR]
by ururunBYJ | 2005-06-30 10:21 | 旅行

ソウル旅行記  一日目

23日に関空からアシアナ航空でソウルへ旅立ちました。
テンションMAX状態の うるるん でした。
(だって前の日からにやけっぱなしでしたし。)

飛行機が関空を離陸すると、早速ランチトレイが
運ばれてきました。
そうです。
以前使用したJALでは同時刻のフライトでは
ランチがついてなかったのに、
アシアナでは出てくるんですよぉ。
サンドイッチと海苔巻きをばくばく食べていると、
15分後にはスッチーがトレイ引き下げはじめていきました。
(そりゃそうだ。だって飛行時間1時40分ぐらいだったはず。
それで機内食サービスなんて。。。)
なので、猛ダッシュで完食!

空港に着くと、
早速今回の宿泊先ホテルへ向かうためにバス乗り場へ。
今回ももちろんツアーではありません。
なんたってその方が精神的には楽チンです。
あの知らない人同士が寄り集まって行くというのが
どうも苦手です。
それに旅にハプニングはつきもの。
それを後で振り返って、「あんなことがあったなぁ」って
思うのが楽しいっ。

で、空港乗り場のおじさんに乗り場とどのバスかを教えてもらい、
すんなりリムジンバスに乗り込みました。
1時間ぐらいすると江南に着きました。
「あ~ここが江南なんだぁ。ここのエリアに彼は住んでるんだぁ」
って、あたりを見回していたわたし。
今回のホテルはこじんまりとした、
ちっちゃいアットホーム的なホテルです。
ホテル一階のフロントにはロビーなんてありません(笑)
ホテルに着くと、わたしはてっきり日本語がぺらぺらだと
思い込み、(前回英語で話しかけると、みんな巧みな日本語で
丁寧にかえしてくれたものでして。

観光業界の人は日本語OKだと思っていました)
「予約してた うるるんです。」って話しかけると、
英語しかしゃべれないけど、ひらがななら読めるって話したのです。
で、片言英語で伝えて、チェックイン。

部屋もゴージャスではないのですが、日本のビジネスよりも断然広い。
ベッドもダブルなのかと思うぐらいで、満足!

そのときの時刻は18時前ぐらい。
でもまだおなかの中にはランチのサンドがずっしり座り込んでいたので、
東大門へおでかけすることに決めました。

乗り継ぎしつつ、東大門へ到着すると
相変わらず若者がうじゃらうじゃらといるではないですかぁ。
大学生っぽいような女の子が目立ったような気がします。
やっぱり日本と変わらず、
ボレロっぽいカーディガン(はおりもの)とふわっとしたスカートが
こっちでも人気なのですね~。
でもわたしの中で一番目を引いたものは、透明のくつ。
ゴム製みたいな靴で、色は透明ピンク・紫・ブルーなどがあります。
ちゃちくみえるのですが、
履いている人を見ると、結構ぴったりなじんでる。
子供から大人まで履いてました。
地下鉄の構内でもよく売られてましたし。

ま、そんな感じで東大門をめぐりめぐると
かなりおなかがすいてきました。
ホテルまで戻ってから、近くのホテルでごはんでも食べようって
話しつつ、地下鉄にのることにしました。

ただ、ホテルへの帰路はさんざんでした。
やっぱり方向を間違えて、逆方向の地下鉄に乗ったり、
途中親切なおじさん?が聞いてもないのに、
「○○駅で降りるの?じゃあここで乗り換えないとっ!」って
一生懸命はなしかけてきたり。
これすべて韓国語です。わたしの憶測ですが、
こんなことを言っていたようです。。。
だけど、おじさんのこのアドバイスはとんでもなく間違ってまして、
かなりの時間のロスとなってしまいました。とほほ。


結局ホテルのある駅に着いたのは、
10時30分ぐらい。
周辺をよれよれになりながら、
レストラン探しをしても、なぁんにもないのですよ。レストランが。
あってももう閉店。
ホテルに戻ると、あの英語のお兄さんがいてたので、
「ここのあたりにレストランありますか」って聞くと、
「何料理がいいの?」って返ってくる。
いやいや、なんでもいいんだよぉ。
って日本語で訴えると、???って顔をされてしまった。
結局、近くに24時間営業のスンデ料理のお店があると聞き、
そこに行きました。
スンデ(ドイツソーセージみたいな、春雨がはいっているもの)、
見た目には抵抗がありますが
スンデクッパおいしかったぁ。
で、韓国レストランといえば、たくさんの付きだしで有名ですが、
ここでももちろんたくさん出てきました。
中でも青とうがらしにはびっくり。
みんなが料理を待ちながら、キャペツをかじる感覚で
とうがらしにみそをつけて食べてました。
もちろん、わたしも挑戦!
あ、辛くなかったのですよ。2本くらい食べてしまいました。
で、6000Wなりでした。
おなかいっぱいになり、その日は笑顔でホテルへ帰ったのでした。

b0054087_0223883.jpg

[PR]
by ururunBYJ | 2005-06-29 12:44 | 旅行

ミュージックバトン

ブログ仲間のbibimbap1さんから、
ミュージックバトンを受け取りました。
わたしは、全然存在自体知らなかったのですが
今流行っているそうですね☆
(いつも出遅れるうるるんです。)
これこそ、ブログって感じがしてきます。

音楽にうとい、うとすぎるわたしですが
早速レッツラgo!


1、コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
 
ナシです。ポータブルCDオンリーの私です。

2、今聞いている曲

バックストリートボーイズ 
incomplete 
昨日、聞き始めたばかりです。大好き。
昨日のスマスマでも歌ってました。
彼らの Iwant it that way も久々に昨日聞きました。
あ~。やっぱいいよぉ。ミーハーかな、私。

3、最後に買ったCD

これはイェジンちゃんの私の頭の中の消しゴムのOST。
いいですよ。韓国でも売れていたそうです。
これでパブロフの犬のように泣けそうです。
(って、まだ映画見てないくせに。)

4、よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

①ジャタンプン あなたにとって私は、僕にとって君は

またまたイェジンちゃんの映画ラブストーリーの中の
曲です。雨の中をイェジンちゃんとチョ・ハンソンが
走っていくあの場面が思い出されて、あの映画の感動がよみがえります


②ホテリアーのOST

これはあのかっこいいヨンヨンを思い出して、
結構何回も聞いてしまいました(笑)
アクティブな感じの、元気になれそう曲もあり、
しっとりとしたナンバーもあり。

(曲名分からず、でおおざっぱにOSTにしちゃいました)

③k のover...
最初、FM802で聞いたのですが、
声が断然いい!それにこの曲の歌詞がかなりいいっ。
車の中でよくきいている曲ですね。
さびの部分の歌詞がお気に入りです。

④バックストリートボーイズ I want it that way

この曲、歌詞を見ながら、覚えるようにして歌っていたものです。
結構今でもすっと口ずさめます。
ミレニアム、よかったぁ。いい曲満載でした。

⑤映画コヨーテアグリーの Can‘t Fight The Moonligt

主人公の女の子が夢に向かって頑張っていくという映画。
こういう女の子や女性が頑張っているドラマや映画って
ほんっと見ててこっちが励まされて、頑張れる気がして、とっても好きです。
キューティーブロンドやアリーも好きだったなぁ。

で、バトンをお渡しする5名さま
ですが、


madray1さん
classixismさん

ねこ さん
seraさん
sonaさん

みなさん、どうそ受け取ってくださいね☆
[PR]
by ururunBYJ | 2005-06-28 12:52

ソウルへ行ってきました!

6月23日~6月26日まで
とうとう3回目のソウルへ行ってきました。

三泊四日なら行きたい所もすべてまわれる なぁんて
思ったのですが、
やっぱりすべては回れませんでした。
でもでも、心残りがあるほうが
旅は楽しいのかもしれない。
また行こうって思えるものだし。

ってな訳で、ここ数日間はソウルの旅について
書こうって思ってます。
[PR]
by ururunBYJ | 2005-06-27 23:56 | その他

こんなところにかくれファンが??

いやぁ、びっくりしちゃいました。
先日、職場のある課のAさん(男性)のところに書類をもっていきました。
本人がいなかったので、その書類を置いておいたのですが、
ふと、そのAさんのPCの壁紙を見て、びっくり。

イェジンちゃんがいてるじゃないですか~~~。

夏の香りのイェジンちゃんですよ。
あのプロポーズの部屋のあのバラの下にいるイェジンちゃんですよ。

この壁紙の感じからすると、
気に入っているフォトを壁紙にしたっていう感じでした。
まさか、こんなところにイェジンちゃんファンがいてたとはびっくり仰天です。
すっごくこのことを本人に確かめたい心境にかられましたが、
ちょっとまだこれはこっそりとあたためておこうって思いました。
これから、また新しいイェジンちゃんが
AさんのPC画面に出てくるのか、ずっとこのままなのか、他の人に
くらがえするのか、しばらく観察してみることにしました(笑)

ちなみにAさんはわたしの想像では40代ではないかと思います。
(もっと若かったらごめんなさいっ。)
[PR]
by ururunBYJ | 2005-06-18 01:34 | 韓流ドラマ・映画

やったぁ。イェジンちゃんが来日♪

なんとなんと、わたしの大好きなイェジンちゃんが
急遽、6月28日に来日することになったそうです。
(このことは、ヨンヨン公式の公知で知ったのですが。)

ヨンヨンと共演する前に、
「夏の香り」を見ていたわたしは、彼女のあの美しさに
うっとりしたし、あの演技力といい、もう大ファンになっていました。
(あのドラマの映像もとてもきれいでしたし。心に残るドラマでした。)
彼女は、わたしのまわりの「冬ソナのジウ姫はそんなにいいとは
思えない!」っていってた人も、イェジンちゃんは相当かわいいと絶賛していたぐらいです。
ま、日本の男の人には特に好まれる顔立ちの女優さんだし、
女性から見ても、かわいいし、清楚な感じがすごくうけるのでは。。と思ってます。
彼女は携帯で写真を撮るのが好きなようで、
自分のブログでも「私の頭の中の消しゴム」のロケ中の写真を
たくさんとってのせていました。すっごくおちゃめで、見てて楽しかったです☆
ただ、ハングルだったので何が書いてあるかはさっぱりだったのですが。
今回の四月の雪のロケ中のphotoものせてくれればよかったのになぁ。

で、今まで彼女の日本公式はなかったのですが、
最近できたようですよ。
ソン・イェジン日本公式

ここにファンミのお知らせが書いてあります。
あ~。わたしが東京在住なら行ってたのですが、
なんせ関西ですから、行けませんね~。う~ん。残念。
誰かこれから行く人、どんなだったかまた教えて下さいね~。

これからばんばんと日本でのプロモに力をいれていくんでしょうね。
映画も「私の頭の中の消しゴム」「四月の雪」と、いい映画が
二つもこれから公開されることだし、日本で彼女がブレイクするのは
間違いないと私はふんでいます。
って、みなさんもそうですよね?
[PR]
by ururunBYJ | 2005-06-13 23:10 | 韓流ドラマ・映画

あと2週間したら。

ソウル旅行です。
とうとう、2週間後には出発です。
もう、いまからテンションがハイになってきています(笑)
何着ていこうとか、何を食べようかとか、
ヨンヨングッズどれくらい見つけられるかなぁとか、
ぐるぐると頭の中をそういう思いがかけずりまわってます。

果てには、

「ヨンヨンに偶然(偶然ってところがミソです。)出会っちゃったりしたらどうしよう~~~」

なぁんてことまで妄想しつつあります。
(親友には「そんなことありえない」って冷たくいわれましたが。)

韓国は3回目ですが、(修学旅行1回、昨年秋1回)
いまだに旅行ハングルすら言えず、です。
韓国の英語案内を見て、公共の乗り物にのったりする始末。
英語は苦手だけど、韓国では英語はわたしの頼みの綱、ですね。
でも旅行は度胸が大事!
ボディランゲージで頑張ります。
ただ今回は、一緒に行くヨンともちゃんが韓国語を勉強中なので、
心強いのです♪ふふふ。

今回は地元の人がいくお店(日本語不可の店)に行って
ばんばんおいしいもの食べたいなぁ。
もちろん、今度こそ冬ソナロケ地はすべておさえちゃいます。
ホテリアーのあのシェラトンも行っちゃいます。

ヨンヨンがいつも感じて、見ている風景を、
わたしも2週間後に見れるなんて、ほんっとしあわせです。
[PR]
by ururunBYJ | 2005-06-10 12:39 | 旅行

味覚がずれているわたし。

昨日ヨンヨンがCMをすることになった新商品の七色亜茶が
発売になりました。
早速、朝からコンビニに寄りましたが、全く商品がないんです。
(3店舗も寄ったのにぃ。)
で、夕方にドラッグストアでやっとゲットしちゃいました。
なんでこんなに帆走するかと言いますと、
なんでも

冷たいときと 常温の時との香りと味わいがちがうそうなんですよ。
おまけに、お店によってはヨンヨンのステッカーが
ついているくるんだそうです。(わ~い!)

なので、こんなに七色亜茶さがしを頑張ってしていたわけですよ。
で、早速飲んでみました。

う~ん。う~ん。
どうなんでしょうか、これって。
わたしが味覚がずれているらしく、
どうもすっきり感が強く感じられて、お茶と言うよりも
ミネラルウォーターらしくも感じられます。
で、紅茶っぽい感じもする。かすかな甘みもある。

あ~。わかった!
わたしは甜茶が苦手なのですよ。
だから甘いほのかな味が。。。。だったんだ。
(甜茶も入ってますし)

でも、一般的には美味でごくごく飲めるそうです。
夏にいいのかも。
わたしと同じ感想を持った方は多分この世の中にいないと思いますよ(笑)

ちなみに、このCMもボトルデザインもとってもステキ。
アジアっぽい感じがよいのです。
で、CMではヨンヨンはきれいな日本語を話してます。
(いつの間にこんなに発音がよくなったのぉ。)
う~ん。あの声が明日から聞けるとなると、すごぉく楽しみなわたしです☆
[PR]
by ururunBYJ | 2005-06-07 22:28 | ぺ・ヨンジュン

このわたしが一年間も継続していること

とうとう一周年です。
この典型的B型のわたし=あきっぽいわたし、がヨンヨン浸りになって
一年がたとうとしています。
今まで生きてきた中で、ジャニーズをはじめとした芸能人には
全然興味もわかず、とくに誰のファンになったこともないわたしが
こんなことになってしまいました。
もちろん、キムタク大ブレイクのときも冷めてたわたしです(笑)

ヨンヨンのことはすごく好きではまったんだけど、
心の片隅では「わたしはあきっぽいから、まあ三ヶ月もつかなぁ?」
って思ったこともあったんだけど、
それが一年たってしまってたんですよ。

でもこれはヨンヨンのおかげですよ、きっと。
なぜか彼を一度好きになると、
彼はどんどんとわたしたちのその好き度合いを上げてってくれます。
どんなファンにもふてくされたような顔をみせないし、
いつもあったかいコメントと笑顔をわたしたちに残してくれます。
印象的な言葉と心をぐっとつかむ彼のふるまいに
テンションをますます上げていっているわたしたち。
そう。
彼はわたしたちを裏切らないって確信できるんですよ。
会ったことがないのに、そう思えるって不思議ですが、
そう思える。
そう思わせてくれる人ができたことが
わたしはうれしいです。

人からみると、あきれはててしまうことかもしれませんが、
わたしはこの一年、かなり楽しく過ごしています☆
[PR]
by ururunBYJ | 2005-06-02 12:56 | ぺ・ヨンジュン