<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

東方神起のアカペラに酔う

偶然にNHKの深夜歌番組を見ると、

東方神起

が歌っていました。
わたしは彼らの歌は一回どこかでチラッと聞いただけなんだけど、
かなりアカペラが良かった という印象が残ってます。
おまけに彼らはかなりかっこいい!
とくにジェジュン君。お顔がめちゃめちゃきれいです。
(名前調べてしまいましたよ。)
彼らのことを調べて、いろいろビデオクリップとかも見てみたのですが、
そんじょそこらのアイドルグループとは違って、
歌唱力あり、ダンスの実力あり、かなりの男前なのです。

なので、ちょうど彼らが歌っているCDを興味半分に買ってみました。
すると、
ちょうどCDを買った人には、大阪で彼らのアカペラ体験会 に
抽選で当たると書いてあったので、早速応募してみました。
当たるとは期待してなかったのですが、
偶然にも当たってしまったのです。
おまけに一名参加と書いてあります。
「.....」
一応、彼らはアイドルみたいな感じらしいので、
(10代だし。。。)
やっぱりファン層は10代かぁ。。。。
これはどうしたものか と迷っていたのですが、
ちょうど大阪に用事があったので、ついでみたいな感じで
参加してみることにしました。

行くと、今までみたことのない状況が。。。。
(韓流としてはありえない光景。
ま、彼らは韓流とはまた別なんでしょうけど。)
若い、それも10代、20代の女の子がうじゃうじゃ。
一応その列にまぎれこみながら、
はじまるのを待っていました。

いよいよアカペラ体験会がはじまりました。
実は5人グループだったのですが、
わたしはなぜか4人と思っていました(汗)
彼らはかなりかっこいい(かわいい)のですが、
それにもまして、本当に歌がうまい!
3曲歌ってくれたのですが、3曲目の韓国語での歌が
やはり自分の国のことばだからか、感情がたっぷり入っている
ようで、すばらしかった。

わたしはそのホールの最後列にたっていたのですが、
肉眼でも彼らの顔がわかりました。
こんな肉眼で見えるのって、いいですね。
ジェジュン君の顔ばかりくいいるように見てました(笑)
ヨンハくんのときは双眼鏡でしか見えなかったし、
次のヨンヨンのときも双眼鏡でしか見えないんだろうけど、
遠くても自分の目で見えるって、本当に感動ですよ♪
[PR]
by ururunBYJ | 2005-07-31 09:24 | 韓流ドラマ・映画

四月の雪のチケット当選! 小躍りする うるるん の巻。

今日は一日落ち着きませんでした。
っていうのも、今日は先日申し込みした
映画「四月の雪」のイベントの
抽選結果のメールが夕方に届くことになっていたのです。

(ちなみに9月公開の「四月の雪」のプロモーションイベントは
ホ・ジノ監督、ヨンヨン、イェジンちゃんが出演します)

でも、一向にメールが来ない。。。。
なんで~。。。。
って思い、21時過ぎに当選メールが届きました!!
A席です。
S席は残念ながら外れました(涙)
が、とりあえず豆粒ヨンヨンが眺められると思うだけで、
なんだかわくわくです。
っていうのも、今まで同じ空気を吸ったことなかったし。(笑)
こんな遠い距離だけど、これ以上近くで拝める?機会が
わたしにはなさそうだし。

さいたまスーパーアリーナ
で8月31日15時から だそうです。
2万5千人ぐらい入るのでは と風のうわさで聞きましたが、
わたしのA席はいったいどこになるんでしょう。。。
かなり不安~。
だって、これ、かなり広いでしょう。
何階席になるわけ?わたしは。

おまけにさいたま なんて行ったことないし。

と思っていたけど、
実際メール来た瞬間、「きゃぁ~~~~」って両手をあげて小躍りした うるるんなのでした。


ところで、東京は久々です。
ヨンともちゃんや長いこと会っていないお友達に会えたらいいなぁ~。
わたしが東京行くなんて、めったにないし(笑)
[PR]
by ururunBYJ | 2005-07-28 00:58 | ぺ・ヨンジュン

なぜにヨンヨンファンだけが。。。。

四月の雪のプロモイベントの先行申し込みが開始されました。
ヨンヨンに会えて、イェジンちゃんにも会えるんだぁ。
って思っていたら、これはID登録者だけの先行なのですね。
わたしはBoardをそんなに頑張って見ることもない人なので、
今回の登録にかなり迷いました。
別にしなくてもいいかぁって思っていたものの、締め切り1時間前ぐらいに
「まぁ、しておこうかぁ。。。。」って感じで、登録しました。
おかげで?、今回の先行申し込みも(っていっても抽選ですが。)
申し込めたんですが、なぜかしっくりきません。
だって、このことがあるってわかってたら、登録してた人もいてたんだろうし。
このために登録があったの?
なんか矛盾。だまし討ち。
って感情でいっぱいです。
おまけにこれって、ファンミじゃないんでしょう。
なら、イェジンちゃんはどうなるの?
イェジンちゃんファンのわたしとしては
なぜに彼女のファンは無視なの?って、納得いきません。
数だけの問題?
彼女の立場はどうなのよぉ。。。。
IMXと彼女はマネージメント(日本での)契約してるんじゃなかったの?

あ~。相変わらず公式には社長ありがとう&頑張れレスがたくさん
あって、少しでも反論するとぶっ潰されそうないきおい。
(個人的にはいい人だと思うのですが、
一会社の社長、それもマネージメントの会社の代表者として
はどうなんだろう。。。。)
なんだかなぁ。
IMX自体に不信感がますます増してくる感じですよ。
といいつつ、申し込みしてるわたしも、矛盾してますが。
[PR]
by ururunBYJ | 2005-07-22 22:50 | ぺ・ヨンジュン

アンチエイジング

とうとう買っちゃいました。
 
これ。
b0054087_0572772.jpg


超音波美容器具です。
お顔に超音波をあてて、
顔をひきしめたり、しっとり肌になる=弾力のある肌 というものです。
たるみのないお顔をめざす私としては
まさにうってつけの品です。
まだ使い始めて、2回目なのですが、
ちょっとぷるぷる感を感じるような気もします。
(これは気のせい?)
化粧のりもいい感じ。
おまけにこれと並行して、
コラーゲンドリンクやサプリまでとるようになりました。

ちょっと、いっちょかみのところがあるので
いつまで続くのかは疑問ですが、
めざせ!アンチエイジング で今年は頑張ってみようと思います。
[PR]
by ururunBYJ | 2005-07-14 00:59

号泣。

やっと念願の映画をみる機会にめぐまれました。
イェジンちゃんの消しゴム。

やっぱり号泣、でした。
音楽もすっごくあっていて、
満足感たっぷりでした。
イェジンちゃん、やっぱりかわいい。
屋台でだんなさん相手にトランプ(賭け)を
たばこをくわえつつ、するシーン。
あのシーンがよかったぁ。

正直、配役はこの二人が断然よかったのですが、
わたしとしては日本のオリジナルのラストの方が好きです。

やっぱり涙をながすのが本当に美しいぴか一の女優さんですね~
しみじみそう思いました

またサントラを聞きなおそうっと。
b0054087_1114664.jpg

[PR]
by ururunBYJ | 2005-07-11 01:13

そして4日目、最終日~

とうとう最終日
この旅はやっぱり終わるのが早かった~
今日はお疲れモードだったので
思いつく案もなく、
どうせなら江南を見てまわろうと思い、
ぶらぶら探索です。
ひたすら高級ブランドショップが並ぶ通りをただ眺め、
パクデガムネの前も通り、
二人はあまり話すことなく、ただ景色を目に焼き付けてました。
たぶん友達の考えてることも私と一緒だったと思います。
<あ~。この景色をヨンヨンは見てるのかな~。
 見てたのかな~?
 同じものをみてるのかなぁ、今のわたし> 
ってなことを思い、また胸をちくちくとさせてました。

そこへバスがやってきました。
ふと何気にみると、バスの車体に
ヨンヨンの姿があるではないですかぁ。
b0054087_18354157.jpg

慌ててカメラで撮影!
最終日にやっとイオンエイドバスに出会えたことに感謝です。
そうこうしてる間に、
空港バスの時間になりました。
いろんな思いを抱えながら、仁川国際空港へ。
そして、ソウルを旅立った私達なのでした。


☆ここからはわたしが韓国で買ったものリストです☆

コスメショップでおみやげ用にマニキュア (ボトルがかわいいっ)
と ヨーグルトパック(食べたくなるような感じ。効果はわかんないけど、
癒される)

お家のおみやげ用に韓国のり
(ロッテマートで購入。キムチ味のも買いました)
とチョコレート。

空港にてテスターズチョイスのコーヒーセット
(インスタントコーヒー2瓶とヨンヨンの写真をスケッチ風にしたマグ付き。
 そうです。
 完全にヨンヨンマグ欲しさにお買い上げ~)

中央高校の隣の露店で、インスカレンダーをゲット!かなりお気に入りです。
(だってどれもこれもインスなんですから)
もちろん来年のです。おばさんはまけてくれなかったけど、
イオンエイドのカレンダー&ポストイットをもらえました。

ロッテ免税店のヨンヨン公式ショップで
クリアホルダー4枚。
(黄色の服をきたヨンヨン、最高です)

ナミソムにてイオンエイドの缶ドリンク
(ヨンヨンの写真付き。ただなんだかヨンヨンの
お顔が妙にグレーっぽい。なにゆえに???)

以上です。
買ったものを見ても十分ヨンヨン漬けだったことがまるわかりですね~。
(ちょい恥ずかしいです)

あとはLGテレコムショップで、
奥の方の棚にあるヨンヨンパンフを発見し、
「それ2枚もらえますか~」と
お店のお兄さんに日本語でおねだり。
(このヨンヨン、なんだか今までみたことのない感じ。)
本当はもっと枚数ほしかったんだけど、
2枚くれというのがせいいっぱいなわたしでした。
イゴ チュセヨ~とかいえばいいのかも
しれないけど、それは イゴじゃないしね。
でも日本語で訴えても、やっぱボディランゲージで
つうじるもんですよ♪

b0054087_1836583.jpg

↑地下鉄の駅構内を歩いていると、
ふと友達が発見してくれたヨンヨンのマンションの広告。
しっかり、何度も撮っちゃいました。
人通りが多かったので、撮るタイミングが難しかった~


b0054087_18382680.jpg

↑最後の日に江南を歩いていると、またポラリスの近くを通ったので
昼間のポラリスをパチリ。
あきらかに閉店してそうな雰囲気でした。
[PR]
by ururunBYJ | 2005-07-07 18:31 | 旅行

3日目 ソウル編。

春川からソウルへ。

ソウルに着くと、まずマルシアンへ。

b0054087_20451910.jpg

もうあのまんまですよ。
こうやって目の前に立っていると、
マルシアンから
あのミニョンさんが
光輝くように笑いながら、
扉を開けて出てくるような気がしました。


次はユジンの家と、中央高校です。
2つの建物は歩いてすぐの距離でした。
歩いて1分とか、まあそのぐらい近かったんです。
本来なら、ユジンも遅刻なんてしていなかったはず(笑)
ユジンの家は表からの撮影だけをしました。
ここからの眺め、すてきでした。

そしてガイドさんがある一画を指さしました。
b0054087_2047124.jpg

「あそこでチュンサンが煙草をすってたんですよ」
そこには電柱はもうありませんでした。
ヨンヨンに今だ全く会えない私は、
(あ~あそこに数年前ペ・ヨンジュンシは立っていたんだ~)
と切ない気持ちでみつめていました。
ちなみに、もし私達がガイドさんをつけずに行ってたら、
全然違う場所(すぐそばに電柱がありましたから)を見て
勘違いしたままだったことでしょう。
(あやうかったぁ)

さあ今度は中央高校へ。
一歩中に入ると、懐かしい香りがします。
青春の香りってやつですか?
b0054087_20475298.jpg


まずあの体育館へ。
するとあのピアノが~。
チュンサン、弾いてたよね~。
わたしも同じように弾くふりなどしてみました。
これで   初めて  
が弾けると、いいんですけどね。。。。

大人になって二人が行き違えた場所や
バレ‐の試合の場所や
b0054087_20483215.jpg

放送室のおもて、
焼却所(跡地)などなど、歩くたびに、
私の頭の中にあの場面がよみがえってきます。
そして学生たちがサッカーをしているのを見て、
なんだか胸がきゅんとなって、またまた切ないような、
うるっとしてしまうような気持ちになりました。

ツアーの最後がここでよかったぁって、
そう思います。

ガイドさんと別れて、ヨン友さんから教えてもらったテジカルビの店へ
向かいました。

このお店、
地元の人しかいかないようなお店なんですよ。
すぐに座敷に案内されて、
テジカルビと塩焼きと豚の皮をオーダー。
豚の皮はお肌がちゅるちゅるになるって
聞いていたので、喜んで食べまくる うるるん。
塩焼きは、昨日のMANAと引けをとらないぐらい、おいしいっ。
なのにこの手ごろな価格はなんなんだぁ。
もう最高です!
ちょっと日本語のわかるおばさんに接客してもらい、
若い女の子の店員さんが はさみでちょきちょきと
お肉をカットしてくれたりしました。
まわりの韓国のお客さんたちの
にぎやかな雰囲気も心地よかったです。

またもや今日も満足満足の一日なのでした♪

ホテルに着くと、
あのフロントの英語のお兄さんに
「テジカルビ食べてきたでしょう。においがするよ。」
と笑っていわれたうるるんたちでした。
ちょっと、お兄さん、そこまで言うなんて
あまりにも気さくすぎじゃあないんですか???
[PR]
by ururunBYJ | 2005-07-06 20:49 | 旅行

3日 ~春川編 


b0054087_23295248.jpg

ナミソムを出た私達は、
春川の住宅街の中にあるダッカルビ料理屋さんで
お昼となりました。
(春川中心部だとツアー客いっぱいのお店しかないので
ガイドさんがここに連れて行ってくれました。感謝~)
そう。
春川といえばダッカルビですよ。
入ると、時間帯がずれていたためか
私達以外客はいませんでした
ここのダッカルビ、おいしかった~。
おばさんも気さくな感じで、ナイスでした!
ただ、ここでわたしは韓国ならではの会話に直面しちゃいました。
ガイドさん:「彼女(ここのおばさん)がいつものツアー客さんより
ずいぶん若いね~って言ってますよ」
私達:「そんなに若くはないですよぉ」
ここから始まったのですよ。
わたしが〇才代ですよ。って言うと、
で、だからいくつなの?って攻めてきます。
言うのはいいんだけど、そんなところで正確さを求めないで~。
ここからまたまた話はエスカレートしていったのでした。
ちなみに、どうみてもガイドさんとそのお店のおばさんよりは
私達の方が年下なのは一目瞭然だと思うのですが…

たらふくダッカルビを食べた後は春川を散策です。
チュンサンの事故現場、二人が酔っ払いにからまれた場所、
ユジンがコーヒーを買った店、ユジン母の洋服店、
そしてユジンがチュンサンを待ってた場所!
あ~。またビデオ見直さなくっちゃ。
ほんとしみじみするもんですね…こうやってロケ地現場に立つと。
あと、チュンサンの家も、二人がバスから降りた場所や、駅も
見学してきました。
すごくラッキーなことに
チュンサンの家では私たちだけでした。
(タイミングいいよぉ)
ボランティアの日本の方が丁寧に説明してくれて
あのピンクの手袋をはめて、記念撮影もしちゃったりしましたよ。
(これは本物ではありませんが。。
本物はジウちゃんが持って行ったのでは?って言ってましたね)

こうやって、どっぷりと冬ソナモードに浸りきって、
わたしたちは春川を発ち、ソウルへと向かいました。
[PR]
by ururunBYJ | 2005-07-05 20:12 | 旅行

3日  ナミソム編

b0054087_2328259.jpg


この日は冬ソナ現地ツアーへ参加。
どんな参加者が集まるんだろう?なんて、
想像してたら、なんと私達2人だけ(ちょっと淋しい~)だった…
まず、ガイドさんが行程上の都合で、
しょっぱなからヨンヨンの事務所へ連れて行ってくれることに。
わたしは慌てふためきました。
っていうのは本来なら最後に寄ると聞いてたので
お昼を食べたあとにファンレターを書こうと思ってたんですから。
(実は日本で準備してくる時間がなかったんですよ…)
仕方なくポストへお手紙作戦はあきらめました(涙)
で私達のホテルから車で5分で到着~。
あぁ、こんな近くに事務所があるとは…またもや呆然~。
本当に小さな洋風のかわいいお家って感じで、
事務所っぽい雰囲気ではなかったです。
あ~ここに彼は来てるんだぁと思うと感慨深い。
またもやここでも記念撮影。
次はナミソムへgo ということで、車の中で久々に冬ソナを見ながら、
目的地へ。
着くとイオンエイドのパネルの彼にお出迎えされて、
ナミソム行きの舟に乗りました。
とはいうものの島は目の前にあります。
舟に乗って約5分後にはもうナミソムの地に足をつけていました。
新緑のナミソムはホント美しい。
ガイドさんはきめ細やかにいろいろ説明してくれました。
これはドラマを見ている人にとったら、感激ものですっ。
ヨンヨンのあのシーンはここでとったんですよと説明してくれるのですが、
結構「え~ここがあの場所なんだぁ」みたいな驚きがあり、
冬ソナのカメラマンの腕のよさに感心しきりでした。
高校生のユジンが木の上を歩くシーンありますよね。
わたしもすかさず真似してその木にのり、一枚ユジン風に撮ってみました。
あの雪だるまのベンチの場所では、韓国のかわいい女の子がよってきて、
「日本から来たの?ペ・ヨンジュンシがすきなの?」
って話しかけてきました。
韓国語はさっぱりなので日本語で「そうだよ~」って
答えましたが、つうじているのかなぁ?

このナミソムの売店でやっと念願のイオンエイド缶を発見!
初日から探し続けていたものの、全く街中になかったのですが、
ようやくゲット!
満足です!

ひととおり島をめぐり、
ナミソムに名残惜しさはあるものの、
今度は春川へ向かうことにしました。

b0054087_2324225.jpg

[PR]
by ururunBYJ | 2005-07-05 01:24 | 旅行

王力宏って、どんな人?

ワン・リーホンっていう人を初めて今日知りました。
というのも今日たまたまよったHMVで
ぶらぶらしているところに
すっごくかっこいい男の子のCDジャケットが。。。
思わずくいいるように見ていたうるるんでした(笑)
こんなにくいいるように見たのは
ヨンヨン以来です。
で、ジャケットには王力宏って書いてあったのです。
ほかの文字はちょっとよく覚えてません。
歌手でもあり、俳優さんもされているそうですね。
かなり心にびびびってきました。
ちょっと私の中で大急上昇しそうな勢いです(笑)
(もう公式サイトにもちょっと行ってきたところです)

っていうのも、ちょっとここのところ
ヨンヨンがはるかとおくにいてて
(あ、立場的にもちろんはるかかなただというのは
とっくに認識してますが。世界が違うのも)
なんだかせつなすぎる感情をいだいてしまってたので。
普通にコンサートで姿を見るとか、ファンミで会えるとか
そういう普通のスターを超越しているところに位置しているようで
なんだかファンとしてはつらすぎるのですよぉ。
とはいいつつ、ヨンヨンひとすじなわたしなので
非常につらいっ。
[PR]
by ururunBYJ | 2005-07-04 01:24